外貨預金

外貨MMF

 外貨預金 トップページ
 

外貨預金と少し似ていますが、仕組みが少し違う、
「外貨MMF」についてお話します。

外貨MMFとは

MMFとはMoney Market Fundの略です。
「外貨MMF」とは外貨建ての公社債等を用いた投資信託のことです。
通常、高格付けの債券やCPなど短期金融商品を中心に
プロが運用してくれます。

外貨普通預金と同様に、満期がないので、いつでも購入、売却が
可能というのがとても便利です。
「円高になれば買い、円安になれば売る」というのは外貨預金と
同じ考え方です。

投資信託なので、元本保証はされていませんが、
安全性はかなり高いと言われています。

運用実績に応じて収益の分配が行われる「実績分配型」で
分配金は、毎月最終取引日に再投資されます。
(外貨定期などではあらかじめ金利が分かっていますが、
外貨MMFでは後になってみないと分からないということです。)

一般的には円建てMMFよりも高い利率で運用されているようです。

扱っている通貨は、証券会社等によって差がありますが、米ドルや
ユーロをはじめ、扱う通貨の種類は増加傾向にあるようです。

最低購入金額も金融機関によりますが、10ドルくらいからできるので
とてもお手ごろだと思います。

外貨MMFと外貨預金との違い

一般的に外貨預金に比べ為替手数料が安い

(外貨預金では1米ドルに対して1円の為替手数料が一般的ですが、
MMFでは50銭以下のところがほとんどです)

外貨預金よりも高い利回り

ほとんどの場合、米ドルの利回りで、2%を超えているのが実情です。
外貨普通預金のようにいつでも解約できるという特徴を持ちながら
ずっと高い利率なのです。

為替差益は非課税

外貨預金の為替差益は雑所得となりますので、
20万円を超えた場合は確定申告が必要ですが、外貨MMFは
「外国投資信託の売買益」となるため、非課税なのです。

外貨MMFのリスク

為替の変動リスク

外貨預金と同様、購入したときよりも円高に動けば
損失が出ることもあります。

元本割れのリスク

外貨預金は為替変動によるリスクのみで、
外貨のままのときは元本は基本的に保証されています。

しかし、外貨MMFでは外貨のままでも元本が保証されません。

ただし、上でも述べたように安全性の高いもので、運用されているので、
「元本保証に近い」といっても良いでしょう。

外貨MMFを試してみる

「外貨MMF」はプロが運用してくれるので、外貨預金の仕組みを
知っているだけで十分扱える資産運用だと思います。

たしかに、投資信託の中ではローリスクであるかわりに、ローリターン
の方だと思います。
しかし、外貨預金と比べるとメリットも沢山あり、一度ためしてみる
価値はあると思います。

「投資信託は怖い」「大きなリスクを負いたくない」
「外貨預金の一歩先を試してみたい」という方は是非やってみてください。

外貨預金 記事一覧



サクラの外貨預金ことはじめ』(ID:0000150593) 読者登録解除フォーム

メールアドレス
サクラの外貨預金ことはじめサンプル
外貨預金
Powered by 『まぐまぐ!』

All Rights Reserved