外貨預金

2つの為替相場の決め方

 外貨預金 トップページ
 

今日は、外貨預金をする際の基本となる為替レートの決まり方についてお話したいと思います。

みなさんが外貨預金をする時の為替相場は、銀行によって決め方が違います。

大きく分けて、市場の変動に伴って為替相場も建て直される銀行と、
朝10時に一度相場を立てたら、お店が閉まるまで変わらない銀行の2パターンがあります。

変動する為替相場

最近は、ネット銀行など一部の銀行では、情報システムを生かして、
市場で相場が変動すると、即座に公表相場も見直される銀行があります。

為替レートとマーケットのタイムラグがあまりないため、
マーケットにより近いレートで外貨預金をすることが可能なのです。

一日動かない為替相場

対顧客取引における外国為替相場を公表相場と言い、都市銀行や地銀をはじめ、
多くの銀行では朝の10時にTTM(仲値)が決められると、
原則 一日変わることはありません。

もちろんマーケットは動きますから、午後になると、
10時に決められた相場よりも実際には円高に動く場合もあれば
円安に動く場合もありますが、
基本的には10時の相場で私たちは外貨預金をしなくてはなりません。

銀行によって多少仲値は違いますが、それほど大きな差は通常ないはずです。

ちなみに、大手の銀行は独自に10時相場を建てますが、
小さな地方銀行などでは9時55分に発表される、
東京三菱銀行の相場に合わせているところも多くあります。

以前は外国為替といえば、「東京三菱銀行」だったので、その名残なのでしょう。

わたしの外貨預金のメールマガジンでも東京三菱銀行の仲値を表示していますが、
実はこのような裏事情があったからなのです。

外貨預金 記事一覧



サクラの外貨預金ことはじめ』(ID:0000150593) 読者登録解除フォーム

メールアドレス
サクラの外貨預金ことはじめサンプル
外貨預金
Powered by 『まぐまぐ!』

All Rights Reserved