外貨預金

為替相場の変動要因(4)

 外貨預金 トップページ
 

企業の業績、株価等

今回は相場の変動要因の残りのいくつかをご紹介します。

企業の業績や株価などと為替相場には大きな相関関係があります。
例えば、日経平均株価が大きく動けば為替相場に影響が出る場合があります。
また、国の代表的な企業の株価や格付けなども、間接的に影響する場合があります。

代表的な企業というのは国の経済をも代表するような印象がありますよね。
ですから、もし格付けが下がったりした場合、
その国の経済状態もあまり良くないような印象を与え、
結果的にその国の通貨も下がってしまう場合があるのです。

ちなみに、相場が企業の株価に影響することもあります。
円安になれば輸出企業(メーカーなど)の株価が上がります。

テロ、戦争の為替への影響

テロや戦争が起こった場合にはその国の通貨は大きく価値が下がります。
2005年7月のロンドンでのテロの直後も、英ポンドはかなり下がりました。

しかし、逆にどこかの国で戦争が起こればUSDが買われドル高に動くのが一般的です。
有事の際は、資産はより安全な所にシフトするからです。

USDは世界で一番流通しており、普遍的な通貨です。
最近はユーロも普遍的な通貨になってきてはいますが USDほどではありません。

ただし、当然のことながら、アメリカでテロや政情不安を引き起こすような事件があればUSDは下落します。

為替相場の変動

4回にわたって相場の変動要因をお送りしてきました。
為替相場の変動要因(1)
為替相場の変動要因(2)
為替相場の変動要因(3)
為替相場の変動要因(4)

ご紹介した他でも、
ちょっとした事件が思わぬところで相場に影響することもよくありまし、
噂や予想などでも市場が振り回されるものです。

プロのアナリストがこうした変動要因を分析して相場の予想をしますが、
全てが当たるわけでもありません。

それほど難しいものなのです。

第一、テロなんかは誰も予想できませんよね。

しかし、少し勉強しておけば、大きな予測不能の事件がない限りは、
素人でも短期的にはある程度の予想することができると私は考えています。

銀行に進められるまま外貨預金をするのではなく、
色々な材料を元に今後の動きを予想しながらすると、
儲かる可能性はずっと高くなると思います。

外貨預金 記事一覧



サクラの外貨預金ことはじめ』(ID:0000150593) 読者登録解除フォーム

メールアドレス
サクラの外貨預金ことはじめサンプル
外貨預金
Powered by 『まぐまぐ!』

All Rights Reserved