外貨預金

外国為替市場

 外貨預金 トップページ
 

外国為替市場とは

ご存知の通り、異なる通貨を交換するときの率を「外国為替相場」 と呼ばれています。

外国為替相場の取引が行われているのが「外国為替市場」なのですが、
株式市場とは違い、その場所が実際に存在するわけではありません。

東京市場やニューヨーク市場と言いますが、
東京やニューヨークに市場が存在しているわけではなく、
東京時間、ニューヨーク時間で取引をしている、
と捉えたほうが分かりやすいと思います。

では、どこで取引をするのかというと、多くの場合は、
電話やネットワーク機器を使って取引をおこなうのです。

今は通信技術が発達しているため、電話すらもあまり使われなくなってきたようです。

世界三大外国為替市場

一般的にロンドン・ニューヨーク・東京の市場を「三大外国為替市場」と呼んでいます。

もちろん外為市場はその他にも香港、サンフランシスコ、シンガポール、パリ、シドニーなど世界中に点在しています。

なぜ、「三大外国為替市場」と呼ばれているのかというと、
3つの地域の時間帯には取引参加者・取引量が多く、流動性が高いからです。

逆に言えば、その他のマイナーな市場では流動性が低いため、
売値と買値の差(スプレッド)が広がりやすい傾向があるのです。

つまり三大市場が開いている時間に比べると多少取引がおこないにくいかもしれません。

時差の関係で、東京→ロンドン→ニューヨークという順に市場は開いていくため、
実際にはその3つでほとんど24時間がカバーされることになります。

みなさんも外貨預金をする際は、
この「三大外国為替市場」の動きに注目して、
外貨預金をするタイミングをはかることが大切だということですね。

外貨預金 記事一覧



サクラの外貨預金ことはじめ』(ID:0000150593) 読者登録解除フォーム

メールアドレス
サクラの外貨預金ことはじめサンプル
外貨預金
Powered by 『まぐまぐ!』

All Rights Reserved