外貨預金

円安と円高

 外貨預金 トップページ
 

輸出と輸入、円安と円高の関係

私のメールマガジンも含め、ニュースやマーケットレポートなどで
 
  「輸出企業のドル売り需要が・・・」

などという表現が出てきます。

「輸出企業のドル売り需要」が何を意味するのかについて、
お話したいと思います。

分かりやすいように、少し極端な例を考えます。

円安と輸出

ある日本人が車を1万ドルでアメリカに売ったとします。

昨日は1ドル100円、今日は1ドル150円。
さていつこの儲けた1万ドルを売って円に換えた方が
輸出業者は儲かったと思いますか?

答えは「今日」です。

昨日なら100万円、今日なら150万円で売れたことになるからです。
つまり、円安の方が輸出業者にとってはありがたいわけですね。
ですから、円安のときにドルを売ろうとするわけです。

円高と輸入

逆に輸入業者の方を考えてみましょう。

ある日本人がある有名な高級バッグを1万ドルで仕入れました。
昨日は1ドル100円、今日は1ドル150円。

この場合、昨日円をドルに換えて支払った方がお得だったというわけです。

なぜなら、昨日は100万円で仕入れられた商品が、
今日は150万円もかかってしまったことになるからです。

輸入業者にとっては円高の方がありがたいというわけですね。
ですから、円高のときにドルを買っておこうとするわけです。

貿易黒字とは

ご存知のように、日本は貿易黒字の国です。
貿易黒字とは輸出額から輸入額を引いたものがプラスになると言うことです。

言い換えれば、輸出業者の方が多いということです。

この、円高、円安というのが企業の収益にも影響し、
株価、ひいては日本経済にも影響するというのがお分かりいただけると思います。

もちろん、企業は円高、円安のリスクを回避する方法を色々と考えています。

ニュースを見るときも、こうした観点から見ると、
外貨預金をするときの資料の一つになるかもしれませんね。

外貨預金 記事一覧



サクラの外貨預金ことはじめ』(ID:0000150593) 読者登録解除フォーム

メールアドレス
サクラの外貨預金ことはじめサンプル
外貨預金
Powered by 『まぐまぐ!』

All Rights Reserved