外貨預金

外貨預金をすると税金を支払わないといけない?

 外貨預金 トップページ
 

外貨預金にかかる税金

今回の基礎講座では外貨預金における税金のお話をしたいと思います。

法律的なお話で面白くはありませんが、知っておかないと「脱税」になってしまうこともあります。

外貨預金をすると以下の二つの種類の利益に対して税金がかかってくるということを覚えておきましょう。

  • 外貨預金の利息部分
  • 為替差益

もう少し具体的に説明します。

外貨預金の利息にかかる税金

国税15%、および地方税5%の合計20%が受け取り利息に対して源泉分離課税されます。

源泉分離課税制度とは、他の所得と全く分離して所得を支払う者が、
支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、
それだけで納税が完結するというものです。

つまり、何もしなくても自動的に徴収されてしまうということです。

日本の銀行(邦銀)でも海外の銀行(例えばシティバンク)でも、
日本国内に預金している場合は20%かかります。

なお、外貨預金はマル優の適用は受けられません。

外貨預金の為替差益にかかる税金

為替差益は総合課税となり、雑所得として確定申告が必要です。

ただし年収2,000万円以下の給与所得者の人で、
給与所得および退職所得以外の所得が為替差益を含めて、
年間20万円以下の場合は申告は不要です。

他に雑所得に該当する所得がなければ、為替差益=雑所得の金額になります。

予約レートを定めている場合の外貨建預貯金の為替差益は、
源泉分離課税なので確定申告の義務はありません。
(参考:為替予約の説明

外貨預金の為替差損にかかる税金

為替差損については収益がありませんので税金はかかりません。

また、黒字の雑所得がある場合は差損を控除することができます。
(為替差損が発生した場合に他の雑所得があれば、その金額と通算することが可能ということです。)

外貨預金 記事一覧



サクラの外貨預金ことはじめ』(ID:0000150593) 読者登録解除フォーム

メールアドレス
サクラの外貨預金ことはじめサンプル
外貨預金
Powered by 『まぐまぐ!』

All Rights Reserved