外貨預金

TTS(対顧客電信売相場)とTTB(対顧客電信買相場)

 外貨預金 トップページ
 

為替レートの指標 TTSとTTB

外貨預金の取引をする際のコストについて考えたことがありますか?

外貨預金をしようと思って銀行に行けば店頭には必ず 「相場表」がおいてあるはずです。

相場表にはTTSACCTTMCASH S.、TTBA/S というような、
英語の記号が表示され、様々なレートが並んでいるはずです。

では、外貨預金をするときにはどのレートを見たらよいのでしょうか。

外貨預金の取引に適用される為替レートは「TTS」と「TTB」です。
この二つに注目して外貨預金をすることになります。
もう少し、このTTSとTTBがどんなレートか具体的に説明します。

TTS

TTSとはTelegraphic Transfer Selling rateの略で、
日本語では対顧客電信売相場のことです。

つまり、銀行が顧客に対して外貨を売る(円を外貨に交換する)時に
用いられる為替レートです。

よくSellだから「外貨を売る方=外貨預金を解約するときのレート」
と間違えて考えてしまいがちですが、違います。

TTSのSは、銀行からみたSellであって、
預けるお客さんの側からすると外貨を買うレートなのです。

TTB

TTBとはTelegraphic Transfer Buying rateの略で、
日本語では対顧客電信買相場のことです。

つまり、銀行が顧客に対して外貨を買い取る(外貨を円に交換する)時に
用いられる為替レートなのです。

こちらもTTSと同様、お客さんの側からすると外貨預金を解約したり、
円に換える時に使うレートなので、間違えて覚えないように注意しましょう。

TTSとTTBの真ん中 TTM

最後にTTMという用語についても念のため説明しておきます。
TTMとはTelegraphic Transfer Middle rateの略です。

日本語では仲値と言って、銀行が顧客に対して10万ドル未満の外国為替取引をする際の基準レートとして定めています。

TTSとTTBのちょうど中間の値です。

TTSとTTMの差TTBとTTMの差TTSとTTBの差を言うときに、
それぞれ「片道1円」「往復2円」と言う人もいます。

多くのサイトでは、何故TTSやTTBではなく仲値を表示するのか、
疑問に思われる方も多いと思いますが、
スプレッドがわからないからです。

外貨預金 記事一覧



サクラの外貨預金ことはじめ』(ID:0000150593) 読者登録解除フォーム

メールアドレス
サクラの外貨預金ことはじめサンプル
外貨預金
Powered by 『まぐまぐ!』

All Rights Reserved