外貨預金

円高と円安

 外貨預金 トップページ
 

外貨預金に影響を与える円高と円安

「為替の動向」でよく使われる単語に「円高」と「円安」があります。
みなさんも聞いたことがあると思います。

この「円高」「円安」という言葉、
なんとなくならばを理解できますが、
「外貨預金に与える影響を説明する」となると難しいですよね。

円高と円安で変わる1万円の価値

日本の中だけで考えた場合、 「1万円」は常に「1万円」で価値が変わることはありません。
しかし、世界にはたくさんの外貨があります。

海外の通貨との対比でみると、
外貨に対して円の価値は上がったり下がったりしているのです。

それを「円高・円安」と呼びます。

「円高」が「円の価値」が上がっている状態です。
対ドルで考えるとドルの価格が下がる、
海外旅行へ行くのにちょうど良い時期です。

「円安」が「円の価値」が下がっている状態です。
ドルの価格が上がり円が下がる、
海外での買い物が高く感じる時期です。

ここからは例をあげて説明してみます。

円高 ドル安とは?

昨日は1ドルの外貨を預金するために、100円を払いました。
しかし、今日は同じ1ドルの外貨を預金するために50円を払いました。

つまり昨日に比べ、円の価値が外貨(ドル)に対して高くなっているということです。
1ドルを買うのに、昨日に比べ、今日は50円得をしたということになります。
この状況を「円高ドル安」といいます。

円安 ドル高とは?

円高の時と同様に、昨日は1ドルの外貨を預金するために、100円を払ったとします。
しかし、今日は同じ1ドルの外貨を預金するために150円を払いました。

円高の時とは逆に「円の価値」がドルに対して安くなっているということです。
同じ1ドルをもらうために、今日買うと50円損をしたことになります。
この状況を「円安ドル高」と言います。

円高と円安の理解

いかがですか?

円高と円安、ご理解いただけましたか?

外貨預金や為替取引を始めるための基礎ですので、
しっかりと覚えておいてくださいね。

外貨預金 記事一覧



サクラの外貨預金ことはじめ』(ID:0000150593) 読者登録解除フォーム

メールアドレス
サクラの外貨預金ことはじめサンプル
外貨預金
Powered by 『まぐまぐ!』

All Rights Reserved